カテゴリ:・・・京都( 21 )
美山・かやぶきの里雪灯廊2012part2
かやぶきの里、美山の雪灯廊。
灯篭に明りが灯り始めるのは午後5時。まだ少し空は明るい。
b0153136_21511911.jpg

スタッフの方がひとつひとつ、バケツで雪を積み、スコップで掘って
雪灯篭を作り、キャンドルに火を灯しておられました。
b0153136_2243672.jpg

明るくても灯った明かりがポツポツと見えるのはとても美しくて。
b0153136_21562491.jpg

ここからは、あっという間に暗くなっていくので
一瞬一瞬を目に焼き付けながら、写真も撮って。
b0153136_21515997.jpg

雪の中に埋まった灯篭の明りが、雪に反射する様も素敵でした。
b0153136_21521333.jpg

2月最初の寒波が来る前日で、雪は降っていませんでしたが
たっぷりと積もって雪に感謝感謝。
b0153136_21522232.jpg

翌日から、雪がものすごくたくさん降ったそうです。
b0153136_21523433.jpg

b0153136_21523964.jpg

本当に幻想的だった今年の雪灯廊。
京都、五条天神川から1時間強。
京都市内からそれほど離れていないのに、帰りの気温はマイナス4度。
ノーマルタイヤでドキドキしながら帰りましたが、また行きたいと思ってしまう素敵なイベント。
b0153136_21553679.jpg

[PR]
by kana_wish | 2012-02-17 22:03 | ・・・京都
美山・かやぶきの里雪灯廊2012part1
1月31日のお話です。
京都府美山町で行われていた「かやぶきの里雪灯廊」へ行って来ました。
b0153136_11592971.jpg

二年前にも訪れたのですが、そのときは全く雪が無くて
ちょっと残念な感じでしたが、今回はしっかり積雪もあって美しい景色を楽しめました。
b0153136_11595684.jpg

京都市左京区と隣り合っている南丹市にあるので、京都市内から思いの外
近かったりしますが(1時間位?)、寒さは全く違います。
b0153136_120652.jpg

雪が作り出した美しい曲線。
b0153136_1201810.jpg

この下は田んぼなのかなぁ。こういうのが大好きで
雪って素敵だな~としみじみ感じながらシャッターを押していました。
b0153136_1202978.jpg

明かりが灯るのも楽しみですが、まだ明るい間にこんな自然の姿を
楽しめるのも嬉しい。
b0153136_1204042.jpg

かやぶき屋根のお家の上にもたくさんの雪。
これはら2月初めの寒波が来る前だったので、少し解け始めていましたが
翌々日には気温が氷点下9度を下回り、雪もたくさん降ったようです。
b0153136_1211847.jpg

解けて落ちて来た雪が、作り出した芸術品(?)
b0153136_1212631.jpg

かやぶきの里の象徴とも言える、昔ながらの赤ポストの横には
おそろいの赤い帽子をかぶった雪だるまさんが!
b0153136_1214054.jpg

かやぶきから連なるツララも、美しかったです。
b0153136_1214749.jpg


さて、お待ちかねの灯篭に明かりが灯り始めます・・・
写真、多すぎるので、続きはまた後日。
[PR]
by kana_wish | 2012-02-12 12:15 | ・・・京都
紅葉2011☆清水寺紅葉ピークのライトアップ
カメラレンズが壊れた紅葉狩り。
車で行っていたなら間違いなく、換えのレンズも持っていたと思いますが
この日は電車だったので、レンズはひとつ。
AFの壊れたカメラを持って訪れたのは清水寺の夜間特別拝観。

ライトアップされた紅葉と清水の舞台!
どうですか?綺麗でしょー!?って、これは一緒に行っていた妹が撮影したものを
無断で載せています(笑)
b0153136_18281685.jpg

で、壊れた私のカメラで撮影したのがこちらです(涙)
載せるような写真じゃないんだけど、高台寺に続き、しつこく掲載しちゃいます。

とっても空気が澄んでいて、京都市内が一望できる奥の院からは
素晴らしい眺望が開けていました。京都タワーもくっきり見えていたんですよ。
(この写真ではとってもぼやけていますけどね)
b0153136_18284027.jpg

この前の週にも昼間の清水寺へ行っていたのですが、その時は
色づきはまだまだ・・・でしたが、10日足らずで一気に進んで
まさしくピークの清水寺でした。
b0153136_18285036.jpg


今年の京都紅葉は、両親と妹と4人で行く予定でしたが
タンちゃんの件で、母がお留守番してくれることになって・・・・
来年はきちんと撮影できるカメラを持って母も一緒に行きたいと思いますー!
[PR]
by kana_wish | 2011-12-12 18:40 | ・・・京都
紅葉2011☆高台寺ライトアップ
圓徳院の紅葉を見た後は、すぐそばの高台寺へ。

が!
高台寺に入る所で写真を撮ろうと思ったら、AFが全く働かず
ピントが合わないんです。何をやってもだめで・・・・・MFで撮りましたが
そもそもピントを合わせるという部分が故障しているのか、時々しかピントが合わない。
そんなわけで、この後の写真はピンボケもいいところ・・・ですが、一応、ご紹介(苦笑)

臥龍池に写る紅葉は、バッチリ見頃。なのに、カメラが・・・・ぁ(涙)
b0153136_11103391.jpg

燃えるように真っ赤で、素晴らしい紅葉だったんですよ。
b0153136_11104334.jpg

雰囲気だけでも伝わりましたでしょうか?
b0153136_11105649.jpg




実は去年も高台寺のライトアップに行ったんです。
去年は11月~12月に掛けて、ひどいめまいに苦しんで、なかなかアップできなかった
あちこちの紅葉。ここぞとばかりに書いてみましたので、
こんなひどい写真はこれくらいにして、去年の高台寺をどうぞ。こちらです。
(って言っても、こちらも三脚が使えないので、結構ピンボケ気味です・・・)


カメラですが、帰宅してから他のレンズを付けてみると正常に動いたので
レンズが壊れたようです。
高台寺の前の圓徳院から出る際に、靴を履こうとして、手に持っていた
カメラを床にコツンとぶつけたんですよね。それが原因かなぁ。
そういえばこの日は、昼間の東福寺でも、おじ様が持っていたデッカーイカメラレンズが
すれ違い様に、ゴツンと私のカメラと接触。
こちらの方が勢いで言うとかなり強かったと思います。こっちが原因かなぁ。
私のレンズは、本体セットに付いてきたレンズだけど、あちらはかなり高級そう。
大丈夫だったかしら・・・


さてさて、この後は、この日のメインの紅葉を見に行きます♪
[PR]
by kana_wish | 2011-12-12 11:19 | ・・・京都
紅葉2011☆圓徳院でライトアップ
東福寺の紅葉の後。
暗くなるまで少し待って、訪れたのは圓徳院。
紅葉の時期に合わせたライトアップ期間中でした。
b0153136_18505979.jpg

まだ真っ暗になりきってなくて、ちょっと空が明るいですが、南庭の紅葉。
b0153136_18511082.jpg

南庭がメインかと思って、がっかりと奥へ進んで行った先の北庭。
わぁ~っと声を上げたくなるような立派なお庭。
開放された縁側に座って、じっと外のもみじを眺められるようになっていました。
b0153136_18511978.jpg

まだ少し緑も多い圓徳院の紅葉。
座っていると、身体がどんどん冷えてくれる12月の夜。
それでも、照らされた木々を見つめていると、心が静かになるようなそんな圓徳院でした。
b0153136_18512840.jpg


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

先日からご心配頂いていましたタンタン。
今日の診察で、やっと「一応の診察終了」となりました。

コンタクトもはずして、カラーも付けずに、自由の身となったタンちゃん。
ずっと2週間以上も、あの大きなエリザベスカラーを付けたまま夜も寝ていました。
首の部分が硬い素材のためもあって、夜寝ていると、首が詰まるのか
時々呼吸困難になって、すごく苦しそうでした。
午前中に病院から帰って来てから、疲れが出たのかずっと寝ているんですが
とても気持ち良さそうです。

本当に頑張ってくれたと思います。
私もちょっと大変だったけれど、タンちゃんも痛みやストレスと闘ってくれました。

タンちゃんのことを心配していただいた方
励ましの言葉を下さった方、本当にありがとうございました。
[PR]
by kana_wish | 2011-12-09 19:04 | ・・・京都
紅葉2011☆見頃真っ只中の東福寺
12月1日。
ちょうど見頃の東福寺へ行って来ました。

東福寺へ到着する前に、美しいもみじに出会いました。
JR東福寺駅から、お寺へ向かう途中・・・・所々に美しい紅葉を見ながら歩きます。
b0153136_2165445.jpg

いよいよ、東福寺の境内。
臥雲橋から通天橋を見ると・・・う~ん。赤い~!
b0153136_2171265.jpg

東福寺の紅葉の一番の名所である通天橋(400円)へ向かいます。
通天橋から見たお庭が、もうため息が出るほど美しいです。
b0153136_2171887.jpg

前日に少し雨が降ったとかで、落ちた紅葉の葉がいたるところに・・・
b0153136_217306.jpg

こんな紅葉のじゅうたんも。
b0153136_2173779.jpg

通天橋からは右を見ても、左を見ても、前を見ても・・・・
b0153136_2174977.jpg

もう説明は要りませんね。
b0153136_218049.jpg

b0153136_2182127.jpg
b0153136_2182727.jpg
b0153136_2183846.jpg
b0153136_2184255.jpg
b0153136_2185327.jpg
b0153136_2185666.jpg



タンちゃんのことがあったので、当日まで行くかどうか迷っていましたが
母がお留守番に来てくれるから行ってっておいでと言ってくれたので
思い切って行ってみましたが、本当に見頃の東福寺は本当に美しくて
行って良かったと思いました。京都の紅葉の名所の中で一番好きです。

この日は、母に甘えて、この後、まだまだ紅葉狩りを続けます・・・・
[PR]
by kana_wish | 2011-12-08 21:30 | ・・・京都
夏の清水寺
盛夏。
父のお誕生日があった7月終わりに、みんなで京都へお食事へ行ったついでに
夏の清水さんを訪れました。
b0153136_2135014.jpg

高台寺前に車を止めて、そこから二年坂、三年坂をのんびりと歩きました。
b0153136_2135737.jpg

雑貨屋さんや食べ物屋さん、いろんなお店が並んでいます。
みんなであちこち覗いて、すぐ近くなのに何だかとても旅行気分になりました。
父はその中のお店で夏の甚平さんを買ってご機嫌。
b0153136_21351755.jpg

何度行っても大好きな雰囲気。
b0153136_21352513.jpg

歩いているだけで楽しくて、カメラを向けてしまう街。
b0153136_213535100.jpg

清水寺に到着するまでは長い上り坂ですが、中に入ると京都市内が一望。
b0153136_21354226.jpg

そうそう。
私、去年秋にご朱印デビュー致しました。
西国三十三ヵ所のご朱印を60歳までに全部頂ければと思っています。(のんびり~)
清水寺も第16番札所です。
(先日行った奈良の興福寺南円堂も9番札所なのですがご朱印帳を忘れて行って。。。)
b0153136_21355223.jpg

清水の舞台を下から。
「清水の舞台から飛び下りる」と言ってもそれほど高くないんですよね。
b0153136_21355958.jpg

この時期は本当に本当に暑くて、清水さんをお参りした後は「喫茶店」に逃げ込みました。
b0153136_21361979.jpg

普段は私以外、かき氷が好きじゃない家族なのですが、あまりの暑さに全員「氷」
こちらのかき氷、すごくビッグサイズで誰一人食べきれなかったんです。
お腹は膨れるし、冷房が効いたお部屋で体が冷えて。
だけど美味しかったなぁ~真夏のかき氷は最高です。
b0153136_21361162.jpg


家族揃ってお出かけして楽しい時間を過ごせるというのはとても幸せな事ですね。
[PR]
by kana_wish | 2011-09-11 22:01 | ・・・京都
紅葉2010☆夜の高台寺ライトアップ
2010年11月16日。
京都高台寺の紅葉ライトアップを見に行きました。
駐車場前から見える八坂の塔。
b0153136_1055358.jpg

高台寺は、この池に写る紅葉が見事なのです!
b0153136_10551123.jpg

見頃まではもう少しという感じ。
b0153136_10552211.jpg

三脚の使用が禁止なので、なかなかピントが合ってなくて・・・
b0153136_10552957.jpg

でも、水面の紅葉はため息が出るほど、美しい。
b0153136_10554254.jpg

奥には竹林があります。
b0153136_10554892.jpg

竹もライトアップされて、幻想的な雰囲気。
b0153136_10555676.jpg

青緑の竹は素敵でした。
b0153136_10562654.jpg

高台寺へ行く道もライトアップ。
b0153136_1056408.jpg

夕景だった八坂の塔も、夜の灯りに浮かび上がっていました。
b0153136_10565110.jpg


*2011年投稿
[PR]
by kana_wish | 2010-11-16 10:53 | ・・・京都
東林院でろうそくの灯りに向きあう
京都にある妙心寺塔頭「東林院」へ行って来ました。
b0153136_1464613.jpg
現在、400本以上ものろうそくに灯りが灯される「梵燈のあかりに親しむ会」が行われています。
b0153136_1465518.jpg
一歩足を踏み込めば、もうそこは梵燈の幻想的な世界が広がっています。
b0153136_148531.jpg
入口で靴を脱いで建物の中に上がらせていただき、最初に拝見したお庭。
あまりにも静かであまりにも綺麗でため息が出ます。
b0153136_147199.jpg
建物の中に余計な灯りは一切なく、導かれる廊下にも
ろうそくの灯りだけが灯り、暗すぎると感じる程の光だけ。でも心が落ち着きます。
b0153136_1482262.jpg
そして奥のお庭。
最初のお庭も素晴らしかったけれど、ここはまた美しかった。
庭の奥、ずっとどこまでもろうそくの揺れが続いています。
b0153136_147725.jpg
一角にはお茶室も設けられていて、ろうそくの灯りを見つめながらお茶を頂くこともできるようです。
b0153136_1475366.jpg
お庭に面する縁側のような所に座って、
ただただ静かにろうそくに灯された灯を見つめる時間。
見学の方もたくさんおられるのに、とても静かで聴こえるのは虫の声と水の音。
じっと見つめていると、ふと涙がこぼれそうになる・・・そんな時が流れます。
b0153136_1475942.jpg
お部屋の中のお言葉。
「生きとし生けるものが自然の中で本来の生命を全うしたいもの」
山を下りて来た熊が捕殺されたというニュースを聞くにつけても、人間が長い歴史の中で
行なって来たことの罪を感じてしまいます。
b0153136_14811100.jpg

そんな事も考えながら、「梵燈」と向き合った夜でした。
17日まで開催中です。


(*お寺は三脚が禁止の事が多いので、持って行きませんでした。
 手に持っての撮影は、難しくてブレブレの写真ばかりですがこれが精一杯。
 もう少しお勉強して上手に撮れるようになりたいです。)


随分涼しくなってきて、この日はヒサシブリにタンちゃんと一緒のお出かけ。
タンちゃんが心配で、あまりゆっくりと出来ずに、駐車場へと急ぎました。
b0153136_1483218.jpg

タンちゃんは、熟睡中でした。
え?もう帰って来たの?と言わんばかりのお顔でした。
[PR]
by kana_wish | 2010-10-14 14:40 | ・・・京都
THE ORIENTAL GARDEN KYOTO
京都のアジアでイタリアンはいかが?

サスペンスドラマでよく出てくる京都らしい景色。
ここ八坂の塔のすぐ麓に、1300坪の敷地を構える素敵な空間があります。
b0153136_19482730.jpg
THE GARDEN ORIENTAL KYOTO
レストラン、CAFE、ウェディングハウスが点在しています。
オットとランチに行って来ました。
b0153136_19483475.jpg
ゲートをくぐってゆっくりと緩やかな坂を上がって行くと、
レストラン棟のエントランスがありました。
ここでスタッフさんに予約名を告げると、すぐに案内係りのスタッフさんが!
b0153136_19483963.jpg
ロビーにはシンメトリーに飾られた大きなアレンジメントがお出迎え。
インテリアは和とアジアンが絶妙にミックスしている感じで、とても好きな雰囲気でした。
b0153136_19484390.jpg
ここは竹内栖鳳と言う画家さんのアトリエ兼別邸だった所だそうで
築80年経過している建物ですが、出来る限り、当時のまま使っておられます。
b0153136_19484736.jpg
お庭に面したお席に案内していただきました。
丁寧にお手入れされたお庭にもバリ島の置物などが置かれていたりとても癒されます。
b0153136_19485292.jpg
3種類あるランチメニューの中からこの日いただいたのは「コースランチ(2500円)」。
まずは前菜三種盛りが出てきました。
バーニャカウダーがとても美味しかったです。
b0153136_19485635.jpg
私のオーダーした京都産若鶏とアスパラのパスタ(みたいな名前だったはず)。
この後メインのお料理が出てくるので、量も控えめなのが嬉しい配慮。
b0153136_1949348.jpg
オットのサーモンのクリームパスタ。
b0153136_1949826.jpg
私のメイン料理はスズキのソテー。
この上に乗せられているソースが少し酸味があって、色々なスパイスが混ざった不思議な味。
でもこれが本当美味しかったのですー
b0153136_19491370.jpg
オットは豚バラと三種類の豆を使ったお料理。
どちらのお料理も量がたっぷりで、オットのお腹も満足なようです。
b0153136_19491810.jpg
さて、この後はデザートが出てくるのですが
「もしよろしければ、あちらにカフェ棟がありますので場所を変えてごゆっくりされますか?」と。
きゃー。なんて素晴らしいサービス。

と言うわけで、カフェ&バー棟に移動させていただきました。
こちらも和だったりアジアンだったりが、お互い邪魔せずに上手く共存したインテリア。
b0153136_19492351.jpg
そして、レストランと同じく美しい緑を眺めながらゆっくりとお茶を頂きます。
b0153136_19492835.jpg
デザートも三種類から選ぶことができますが、ここは私もオットも
「クラシカルプディング」をオーダー。このプリンがもうとろけそうな程美味しかったの。
普段のカフェーメニューでもあるようなので、また食べに行きたいな~。
b0153136_19493250.jpg
美味しいお料理と丁寧で気持ちの良いサービスと、
そして何よりもどこかのリゾートホテルに旅に来たような気持ちになれる
開放的で、でも、周りの喧騒を忘れさせてくれる場所。
b0153136_19493728.jpg
すぐ目の前は高台寺、裏手には二年坂、三年坂があり、京都の中でも大好きなエリアです。
b0153136_19494152.jpg
場所柄、そしてそのお店の雰囲気もあるせいか、外国人のお客様もとても多かったです。
私も海外のお友達が来たら、連れて来てあげようとオットと話していました。
b0153136_19494680.jpg



写真多すぎな日記になりましたねー。sorry。
[PR]
by kana_wish | 2010-09-17 20:15 | ・・・京都