「ほっ」と。キャンペーン
カテゴリ:・・・11年6月新穂高・上高地( 7 )
北アルプスその7/上高地で一番のお気に入り
上高地のトレッキングコースはまだまだ続きますが
どんどん登山らしい場所へと繋がっていくので、私たちは明神地区で折り返し河童橋へ戻ります。

行きとは川を挟んだ反対側を通りましたが、それぞれ全然雰囲気が違うんです。
河童橋に向かって梓川の右側、ここが上高地の中で一番好きな場所の一つで、
森に同化出来るというか、溶け込めるというか、とても気持ちの良いコース。
b0153136_11173632.jpg

その中でも特に気に入っているのがここ。
大正池ではすっかり減ってしまった「立ち枯れの木」が残っています。
b0153136_11175062.jpg

この場所にいた時が最も晴れた時で、青い空が広がり、一層、良い雰囲気に♪
このあたりでお弁当を広げている方もおられて、とても美味しそうでした~
b0153136_11181041.jpg
森の中には、こんな大きく枝を広げた木もあって
景色だけではなくて、見どころいっぱい。
b0153136_1122029.jpg
1時間ちょっと歩いて、再び河童橋まで戻って来ると
さっきは雲が覆っていた穂高の山々がすっきりと見えていました。
雪が残っている山が連なっているちょうど真ん中辺り、山頂にちょっぴり残念な雲をかぶせているのが
標高3190メートル、富士山・北岳に続く日本で三番目に高い「奥穂高」です!
b0153136_11221421.jpg

もう少し待てば晴れるかなぁ~と思っていたら、逆に雲が降りて来てしまいました。
ここで上高地の旅は終了。早朝、大正池をスタートして7時間半でした。
b0153136_1122308.jpg


なんだか同じような写真ばかり(いつもだけどね・・・)でしたが
大好きな上高地なので、色々紹介したくて・・・

訪れた事の無い方に少しでも上高地の魅力が伝わればいいなぁ。
そして行ってみたい!と思って下さる方がおられたら嬉しいです。

帰りは高山を通ったので、車を預けて、少しぶらっと立ち寄ってから帰宅しました。
b0153136_11224445.jpg


上高地へ行く時は、沢渡パーキングからバスに乗るので中央道回りで松本インターから行っていました。
今回、東海北陸道経由で、平湯から安坊トンネルを抜ければ松本経由で行くよりもずっと早い事が判明。
早朝のバスに拘らなければ、平湯からバスに乗れるので滋賀から3時間半位。
日帰りでも行けるかなぁ~。また行きたいです!



おわり。
[PR]
by kana_wish | 2011-07-10 11:58 | ・・・11年6月新穂高・上高地
北アルプスその6/明神池までと岩魚塩焼き
シャトルバスが乗り入れている終点でもある河童橋は最も観光客が多い所で
多くの人がここからバスに乗って帰って行きます。
この先は、本格的な穂高連峰の登山に行く人が多く、
その中に私たちのように、登山はしないけれどもう少しハイキングを楽しみたい人たちが混ざります。
ビジターセンターすぐ横の清水川。
上高地で最も透明度が高い綺麗な水が流れているそうです。
b0153136_19592964.jpg

水が流れているのがわからないほどに透き通った水はとても冷たかったです。
b0153136_19594246.jpg

見頃のニリンソウ(だったと思います)。
あちこちに可憐な花がびっしりと咲いていました。
b0153136_19595434.jpg

河童橋から梓川に沿って歩くこと1時間、明神岳を望むエリアに到着。
「神降地(かみこうち)」と言われるパワースポット「明神池」があります!
前回も今回もせっかくの池には入らず(神社の奥宮となっているのですって)
ちょうど良い頃合となったので、前回と同じ「嘉門次小屋」でお昼ご飯です。
b0153136_2034135.jpg

ざるそば(600円。安い~)と、岩魚の塩焼き(900円)をいただきました。
ここのおそば。なんてことないんだけど、シンプルですごく好き。
あまりざるそばを好まないオットもここではざるそばを。
b0153136_2035395.jpg

お席からはこんな綺麗な川の流れが見られます。
そしてこの川の生簀に泳がしている岩魚を・・・
b0153136_20234430.jpg

〆てすぐにこの囲炉裏で塩焼きにしておられます。
美味しいのは当たり前!でも、ちょっとリアルで、〆る瞬間を見てしまうと・・・・・
b0153136_2043164.jpg

お腹いっぱいになって、満足満足。
今度は梓川を挟んで反対側の道を通って、河童橋まで戻って行きます。
b0153136_2044047.jpg


つづく・・・
[PR]
by kana_wish | 2011-07-09 20:28 | ・・・11年6月新穂高・上高地
北アルプスその5/田代池とサルin上高地
早朝の大正池付近を存分に楽しんでから、河童橋を目指します。
大正池から20分程歩いたところにある、田代池。大正池同様に、撮影ポイントです。
b0153136_129722.jpg

カメラを構えた方がたくさんおられました。その合間からいそいそと・・・
b0153136_1292270.jpg

写真スポットでなくても、新緑の中を流れる水は見ているだけで癒されますね。
b0153136_1293345.jpg

高山植物もたくさん咲いていましたが、8月に行った時の方が種類は多かったかなぁ。
b0153136_1294328.jpg

と、美しい景色を愛でながら歩いて行くと、サルがいます!
b0153136_1295472.jpg

歩いていくと、いるわいるわ・・・テーブルの上に、木の上に、草の中に何十匹も。
b0153136_1210522.jpg

サルには食べ物を与える事はもちろんの事、人間に慣れてしまうため、近づく事も
出来るだけ止めるようにと注意書きがどこかに書いてあったので、望遠レンズで撮影しました。
もっと小さな小さな子ザルもいてとっても可愛かったです。
b0153136_12101319.jpg

大正池から河童橋は所要時間1時間弱(距離で3.5キロ)のコース。
写真を撮ったり、お花を見たり、景色を眺めたりしながら歩くと3時間弱掛かりました。
雲が少しずつ切れて来て、穂高連峰も見え始めました!
b0153136_12102218.jpg

いつも来るのは夏で雪が残る穂高を見る事ができませんでした。
一度雪が残る穂高を見てみたくてこの時期を選んだので、嬉しかった~

つづく・・・
[PR]
by kana_wish | 2011-07-08 12:22 | ・・・11年6月新穂高・上高地
北アルプスその4/早朝の大正池in上高地
新穂高・平湯の翌日は上高地へ行きました。2008年以来三年ぶりです。

上高地は環境保護のためマイカー規制が行われていて、岐阜県側の平湯温泉または
長野県側の沢渡からバスに乗り換えが必要です。
平湯温泉からよりも、沢渡発のバスが1時間早く、始発が出発するので
沢渡へ移動して、1番のバスに乗りました。

上高地トレッキングのスタートはいつも大正池からです。
早朝のバスに乗ってここを目指したのは、朝もやの大正池が見たかったからなのですが
残念ながら、靄はなくて、空には厚い雲、おまけに霧雨まで降っていました。
b0153136_21214754.jpg

それでも、池の水はとても透き通っていて、水面に映る木々や山がとても美しかったです。
b0153136_2122879.jpg

大正池の立ち枯れの木は、上高地ならではの風景だと思います。
私が初めて上高地を訪れたのは高校の修学旅行でした。
早朝、靄の中で見た枯れ木の林のような光景がとても幻想的で、一目でここが大好きになりました。
それから20年以上、その間、10回以上は訪れていると思いますが
来る度にこの大正池の枯れ木が減って来ています。3年前に比べても明らかにその数が減り
本当にたった数本、数えられる程しか残っていませんでした。
b0153136_21223020.jpg

この季節。上高地は新緑がまぶしい位に輝いていて、
木々が織りなす緑の世界はとても美しかったです。
b0153136_21225368.jpg

木の間からちらりと見える景色がまた素敵。
b0153136_21231615.jpg

なかなか雲が晴れませんでしたが、焼岳のてっぺんからは時々白い噴煙が上がっていました。
b0153136_2123397.jpg

少しずつ少しずつ青空が見え隠れ。どうか真っ青な空が現れますように。
b0153136_212404.jpg


つづく・・・・
[PR]
by kana_wish | 2011-07-07 21:53 | ・・・11年6月新穂高・上高地
北アルプスその3/奥飛騨で美味!
順番が前後しますが
ロープウェイに乗る前に、途中通りかかったうなぎ屋さんでお昼ご飯を頂きました。
新穂高温泉の「うな亭」さん。
b0153136_083986.jpg

お値段によって大きさが違うとのことで
「1匹入ってます。オススメ」と書かれたうなぎ上丼(1500円)+肝吸(200円)。
ふっくらと肉厚で皮はパリッと美味しかったです。
帰ってからネットで見ていると、温泉で数日泳がせている・・・って。本当!?
b0153136_081756.jpg

店内はちょっとレトロな民芸調?ゆっくりと時間が流れている美味しいうなぎ屋さんでした。
b0153136_082824.jpg


ロープウェイを降りてからは、新穂高温泉と同じ奥飛騨温泉郷の中にある平湯温泉へ。
こちらではおやつに・・・・
b0153136_013673.jpg
温泉卵をいただきました。
普通の温泉卵・・・・(苦笑)
b0153136_0132071.jpg


そして・・・早くも夜ごはん。
平湯温泉はお宿は多いですが、食事を出来るお店はそう数がありません。
翌日は早朝より予定が入っているので、この日はお宿は取っていないので、食事処でお夕飯。
b0153136_0152883.jpg

平湯バスターミナル横の「よし本」さん。麺類やどんぶりなどの軽食という感じ。
季節限定の「山菜のてんぷら」をいただきました。
やまうど・ふきのとう・たらの芽・わさび葉・・・他・・・たくさん入って1000円!
今の季節しか頂けない地元で採れた山菜。風味豊かな天ぷらでした。
一緒におそばを注文していただきました。美味。
b0153136_015375.jpg


さて・・・つづきは翌日へと・・・・
[PR]
by kana_wish | 2011-06-14 23:58 | ・・・11年6月新穂高・上高地
北アルプスその2/新穂高で水芭蕉
展望台となっている屋上から降りて来ると、木々の間から雪山の連なりを望む事が出来ます。
西穂高口駅には、千石園地という散策路があります。
b0153136_12412849.jpg
水芭蕉が顔を出していました。
まだまだ雪が残っているので、見られたのはほんの少し。
純白が美しい水芭蕉。実物を見たのは初めてで、嬉しかったです。
b0153136_12413747.jpg
アップで撮ってみました。
この純白の部分は花ではなくて、お花は真ん中の筒状の部分なんですって。
b0153136_12414734.jpg
ふきのとうも雪の中からこっそりと顔を出しています。
ここは今、やっと春がやって来たのですね。気温は11度でした。
散策路を奥へ進むと、登山口となっているそうで、この日もたくさんの登山家の方を見かけました。
b0153136_12415827.jpg
第2ロープウェイは2階建て!100人以上が乗れるんですって。
この中からも360度、どちらを見ても絶景が広がっています。
b0153136_12595534.jpg

第1ロープウェイと第2ロープウェイの間にあるしらかば平にも散策路がありました。
白樺が美しく枝を広げて、高原の雰囲気。
b0153136_1242698.jpg
藤もとても綺麗に咲いていました。
そしてここには無料足湯コーナーがあって
素晴らしい景色を眺めながら、のんびりと足湯で寛ぐ事が出来ました。
b0153136_12421490.jpg

とっても満足の新穂高ロープウェイ。
雪がもっとたくさん残っている春や
紅葉が美しい秋や
雪がたくさん積もって真っ白な世界が見られる冬・・・
それぞれの季節に訪れてみたいと思う最高に素晴らしい場所でした。

つづく・・・
[PR]
by kana_wish | 2011-06-13 13:05 | ・・・11年6月新穂高・上高地
北アルプスその1/新穂高ロープウェイ
梅雨の合間、1泊2日で北アルプスの山々を見に行って来ました!

滋賀から名神・東海北陸道を通り、高山を経由して平湯温泉。
遠くには雪山が見えて来ました。
b0153136_21502972.jpg
さらにそこから30分弱で新穂高ロープウェイ乗り場に到着します。
2つのロープウェイに乗って山の上を目指します。
b0153136_21504925.jpg
2つ合わせて高低差は1000メートルを超えますが10分ちょっとで到着。
アッという間に標高2156メートルの展望台へ!
b0153136_2151798.jpg
少し雲が厚い空でしたが、それでも青い空をバックに残雪の北アルプスが広がる景色は
ただもう圧巻で、口から洩れるのはため息だけ・・・・
b0153136_21511835.jpg
3000メートルを超える山々が目の前に連なっていて
映画「岳」を見たばかりの私は、またまた山に憧れる気持ちがMAXに・・・!
登山がしたーい!と言うと、すかさず「無理無理」と隣から声が。
そうなんですけどね、無理なんですけどね、でも、こんなに風に
山を登る人の気持ちの何万分の1かもしれないけれど、その気持ちを分けてもらえる場所へと
連れて行ってくれるロープウエイに感謝したり。
b0153136_21512992.jpg
こちらの方向には槍ヶ岳や中岳など、そしてもっと右方向へ目をやると
焼岳や乗鞍岳が見えていて、まさしく360度パノラマが開けています。
b0153136_21513960.jpg

本当に、素晴らしいとしか言えない天空の世界。
山はやっぱり午後になると雲が出てくるそうで、この日も午前中はもっと快晴だったそうです。
(私たちが行ったのは14時位でした)
もしこれから行かれる方がおられたら是非朝を目指して行ってくださいね~
[PR]
by kana_wish | 2011-06-12 22:13 | ・・・11年6月新穂高・上高地