カテゴリ:・・・11年10月城崎温泉( 4 )
城崎温泉の旅4-玄武洞と出石そば
b0153136_23463191.jpg

翌日。城崎からすぐの日本海へ出てみました。
海の幸を売っているお店をいくつか覗いて、お土産の蟹を購入♪
b0153136_23464229.jpg

そして、玄武洞へ行きました。
160万年前の噴火で出来た玄武岩。気の遠くなる遥か昔の出来事。
b0153136_23464914.jpg

すぐお隣の青龍洞。
b0153136_2347419.jpg

拡大写真です。見事に揃って美しくて、ずいぶん長い間、ここにいたように思います。
b0153136_23471020.jpg

玄武洞から、コウノトリ公園に立ち寄った後、出石に行きました。
b0153136_23472516.jpg

目的はもちろん、出石そばを食すため!
ガイドブックに載っていた数件から駐車場があるということで選んだのが
こちらの「近又」さん。
b0153136_23473135.jpg

出石そばは、小さなお皿におそばが載って出てきます。5枚で1人前です。
おねぎ、わさび、大根おろし、とろろ、そして卵1個が付いて来ます。
私は、とろろと卵(黄身だけ)を入れて食べるのが気に入りました♪

こちらのお店は、20皿食べると、「皿そばの証」が貰えて、それを5つ集めると
1年間無料の「そば通の証」が貰えるんだそうで、たくさんの人がチャレンジしていました。
また、60分以内に男性50皿、女性40皿でも「そば通の証」がいただけるそうです。
ちなみに、うちは1人前ずつでも十分でしたが、お皿の追加(5皿ずつ)をしてみたかったので
1人前だけ追加して、二人で分けて食べました。
b0153136_23474729.jpg

肝心のおそばは、そばの実を皮ごと挽いたとガイドブックにも書かれていたとおり
ざっくりと歯ごたえのあるおそば。かなりこしがありました。男っぽいおそばという感じかな。
つゆはかつお風味の濃い目。おしょうゆ味が強かったと思います。美味しかったですが
私はおそばもお出汁も、おそばももう少しあっさりと軽めが好きかもしれません。
b0153136_23475260.jpg


帰りに、「日本のマチュピチュ」と言われる竹田城にも行きたかったのですが
玄武洞やその後立ち寄ったコウノトリ公園でのんびりと過ごしすぎたのと
おそば屋さんで少し並んだこともあって、時間が無くなりました。
今回の旅は、出石にて終了です。
[PR]
by kana_wish | 2011-11-11 23:47 | ・・・11年10月城崎温泉
城崎温泉の旅3-招月庭のお食事
城崎のお宿、西村屋ホテル招月庭でのお夕飯です。

こういう、どんどんお料理が出される懐石は、最初に頑張りすぎると
途中でおなかが一杯で食べられなくなることがとっても多いのですが
最初にお献立があったので、お腹と相談しながらいただくことができました。
b0153136_23583356.jpg

最初に、香住の梨ワイン薬膳酒が出て来ましたが、こちらがとても口当たりが良く
薬膳ぽさもなく、飲みやすい食前酒でした。

女性には嬉しい小さな色々な物が少しずつ。
秋らしさたっぷりで目にも嬉しい前菜。
b0153136_23584079.jpg

かに解禁前でしたので、紅ずわいかに。私は普通のずわいカニよりも、紅が好きです。
b0153136_235849100.jpg

そして、どれも美味しかったお料理の中で一番、美味しかったなぁと思ったのが
「松茸と百合根の擂り流し」だったのです。土瓶で出していただき、お膳の上で
火を入れていただくのですが、ふたを開けた瞬間、湯気で曇ったらしく写真が失敗。残念。
お造りの中では、紅ずわいももちろんの事、白海老と、赤烏賊が美味しかったです。
海がない滋賀では、なかなかお目にかかれません。
b0153136_23585751.jpg

中は何かしら。とわくわくするような葉っぱに包まれて出てきたのは・・・
b0153136_2359638.jpg

和菓子のようなかわいいお料理。鮑の博多焼きと、鰈の萩焼きでした。
b0153136_23591389.jpg

箸休は、サーモンのマリネ。中にはアスパラと舞茸が。
b0153136_23592495.jpg

もうすでにお腹はご馳走様状態ですが、ここで大好きなお肉です。
但馬牛のしゃぶしゃぶ。お出汁が牛蒡のスープで、とっても美味しすぎ。
b0153136_23593190.jpg

そしてそして。もう助けてーと言う位のはち切れそうなお腹の私の前に運ばれてきたのは
但馬産こしひかりの釜飯です。仲居さんがお部屋の隅で火を入れてくださって
炊き上がった所・・・
ちょっと上手く撮れなかったのですが、ピカピカつやつやの白ご飯。
これがですが、またまた美味しかったんです。本当に、美味しいしか言えなくて
申し訳ないのですが、他に言葉が浮かばないです。
もっともっとお腹の余裕を残しておくべきでした。全部頂けずに本当心残りでした。
b0153136_23593894.jpg

そして、やっと最後の果物。ごめんなさい。もう入らない~。
b0153136_23594447.jpg


と、たっぷりのボリューム、見た目にも楽しめて、おいしくて。
写真が全部なんだかいまいちなんですが、満足のお料理でした。
[PR]
by kana_wish | 2011-11-10 23:57 | ・・・11年10月城崎温泉
城崎温泉の旅2-西村屋ホテル招月庭
城崎温泉のお話の続き。
城崎では西村屋ホテル招月庭に宿泊しました。
b0153136_06535.jpg

森の中のような玄関をくぐれば明るさ控えめの落ち着いたロビー。
ほのかにお香の香るとても素敵な空間。
b0153136_07366.jpg

案内されたお部屋は五万坪の森林庭園を望む「庭の棟」
12畳の和室に広縁・洗面・お風呂・トイレがついていました。
窓から見える自然の森は、夜もライトアップされていて、ずっと眺めていることができます。
b0153136_071652.jpg

アロマサロン。バリ島のホテルのような雰囲気でした。
b0153136_073533.jpg

プライベートスパ。貸切の露天風呂・岩盤浴にリビングが付いていて
スパークリングワインが用意されているそうです。
ジャパニーズ・チャイニーズ・バリニーズの三種類の
タイプがあって、絶対、入りたいと思っていたのに時間がありませんでした。
b0153136_072341.jpg


今回の城崎温泉は、オットが会社で何かの表彰でいただいたご招待でした。
こういう表彰は普段は現金なのですが(笑)、なぜかこの時だけ、温泉旅館ご招待!
(全国20ヶ所くらいの温泉旅館から好きなところを選ぶことが出来ました)
温泉が苦手な私は、現金が良かっただの、
旅行券に換えてもらえないのかしらだの、と最後まで行くことを躊躇していましたが
結果的に、行ってみたら、とても良かったです。
温泉が苦手なのは、衛生面でのことなのですが
その点では、こちらのお宿はとっても綺麗だったので問題なく利用出来ました。
館内もお部屋もお風呂もとても綺麗だったし、また行きたいな~と思ったりしています。

お食事も決まったプランだったので、どうなのかなぁ~と心配でしたが
こちらも美味しくて、満足でした。
次回はそのお食事をご紹介しますね。
[PR]
by kana_wish | 2011-11-05 23:58 | ・・・11年10月城崎温泉
城崎温泉の旅1-散策
10月18日、城崎温泉へ行って来ました。

城崎への道の途中、迷い込んだ山の途中に天橋立が見える場所がありました。
b0153136_073439.jpg

今現在「股のぞき」が行われている場所とは全く違う場所ですが「発祥の地」と書かれています。
オットが股のぞき中ですが、ここから見ても、天に架かる橋には見えなかったそうです(笑)
b0153136_074334.jpg


さてさて、目的地の城崎温泉。
城崎と言えば、この柳の枝が垂れ下がる川沿いの散策。
お宿にチェックインした後、お風呂に入る前にお散歩に出かけました。
b0153136_074956.jpg

18時過ぎ。外湯巡りをする観光客で盛り上がる川沿いの道でした。
平日なのに、たくさんのお客さんがいて驚きました(まだ松葉蟹も解禁じゃないし・・・・)
外湯巡りのみなさんが浴衣に下駄姿で歩いてるのがとっても風情あって
素敵なので、私もお風呂の後にもう一度・・・なんて思っていたけれど
夜遅くなると、もう寒くて寒くて、お散歩どころではありませんでした。
b0153136_075739.jpg

お風呂以外のお店はほとんど閉まっていて、特にすることもなく
とぼとぼと宿泊先に戻りました。
以前から書いていますが、温泉は少し苦手なので外湯は全く行かずに
お宿の大浴場へと・・・・


二日に分ける程の内容でもないのですが
さっきから動悸が収まらず、ちょっと辛いので、今日はここまで。
続きは明日ねー

そう言うと、すごく頻繁に動悸が起こります。
それはいつも突然やってくる。
テレビを見ている時やパソコンをしている時やぼーっとしている時。
何がきっかけなのかわからないけれど、突然起こって、1時間とか結構長く続きます。

心電図を取るとたまに不整脈が出ることもあるけれど
それ以外特に問題はなく、お医者さんに言っても「なんやろうなぁ」と言う感じで(^^)
息切れは起こらないけれど、動悸が続くと、呼吸が辛くなるので、この辺で。
[PR]
by kana_wish | 2011-10-23 23:33 | ・・・11年10月城崎温泉