タグ:excite旅とお散歩 ( 28 ) タグの人気記事
韓国ソウルの旅14:三清洞Kim's Boutiqueと清進食堂 sanpo
今回の旅こそ、三清洞でゆっくりと時間を・・・と思っていましたが
急きょ、この日にお友達と会えることになって、
早く戻らなきゃならなかったのに、バスにもタクシーにも乗らなかったせいで
ますます時間が無くなりました^^;

カロスキルで行ったキムズブティックへどうしても行きたいと妹が言うので
立ち寄りました。

カロルキルでは何も言ってもらえなかったので
カードで支払いましたが、こちらでは現金で買うと10%引きですよ~と
レジで教えてもらい、こっちは現金で買いました♪
妹はここのワンピが大好きで、カロスキル店と合わせて4着も買っていました。
b0153136_21204671.jpg

この界隈は本当に魅力的な建物がいっぱい♪
次回こそ・・・次回こそ、初日に予定を組んで
ゆっくり行きたいー!
b0153136_21204673.jpg

カフェや小さな食堂も入ってみたい所いっぱいだしね!
b0153136_21205632.jpg


で、結局、ここまで来るといつも仁寺洞へも行ってしまうわけです。
b0153136_21205789.jpg

なんてしている間に、お昼ご飯を食べていなかったし(朝が遅かった)
でも約束の時間もあるし、って訳でホテルへ帰る前に
豚プルコギの美味しいチョンジンシクタン(清進食堂)へ・・・
妹が一度食べてみたい~って言っていたので、ちょうど良かった!
甘いプルコギと、辛いオジンオポックン(イカの炒め物)を混ぜて
甘辛いのがもう絶妙・・・やっぱり好きだなぁ~
b0153136_2121749.jpg

近頃の韓国は行く度に物価が上昇していますが
ここでも・・・1000Wの値上げでした。
b0153136_212166.jpg

鐘路のホテルにいつも泊まるので、ホテルからも近く
仁寺洞からも数分で、とても便利な立地で良く行くここ。お気に入りです。
b0153136_21211676.jpg


そういえば、私、韓国で郵便局行ったことなかった気がする・・・
アメリカの友人へクリスマスカードを出そうと妹と
前日に韓国のカードを買って、投函。びっくりするほど安くアメリカまでも届くのね。
b0153136_21211546.jpg


さてさて、ホテルへ戻って用事を済ませ、
お友達との待ち合わせに急ぎましょう。


にほんブログ村 旅行ブログへ
ポチっとお願いね♪
[PR]
by kana_wish | 2013-04-29 21:34 | ・・・12年12月ソウル
韓国ソウルの旅12:城北洞散策とJ'sCAKE sanpo
少し間が空きましたが、再び、12月のソウル旅行記に戻りましょう。

美味しい色々なおかずを楽しんだ仙洞ポリパプがある城北洞を
しばし、散策。
色々なカフェも並んでいます。これは仙洞ポリパプのお向かい。
b0153136_0222294.jpg

伝統茶がいただけるのかしら。
他にも小さなカフェや雑貨屋さんが色々ありました。
今度はゆっくり行ってみようかな。
b0153136_0223020.jpg

城北洞は、高級住宅街がある街だそうです。
高級住宅街と言えば、やっぱり、坂の街なんですね・・・
普通のお家もたくさんありますが・・・
b0153136_0224780.jpg

こんな階段を上がって、
b0153136_0224160.jpg

右の方に見切れている急な坂道を疑いながら上がると、
b0153136_0225546.jpg

ずっとずっと行ってみたかった見晴らしの良いカフェ
J'sCAKEに到着です♪
b0153136_023175.jpg

開店間もないからなのか、山の上で雪深いからなのか
他には誰もいない店内。
b0153136_0231639.jpg

こんなかわいいメニュー。
手作りケーキもとってもおいしそうだったんだけど、お腹がぁ~
b0153136_0232131.jpg

結局、ホットチョコをテラス席で♪
b0153136_023305.jpg

ビニールで囲まれて、ストーブも点けていただきましたが
氷点下の世界はそれでも寒い寒い。
結局、中のお席に移動させてもらって、まったり。
b0153136_023378.jpg

すご~く高い所にあるので、見晴らしは最高。
テラス席のさらに上に屋上席があるようで
今度は気持ちの良い季節にそこのお席でぜひケーキをいただきたいな♪
b0153136_0234832.jpg

 


にほんブログ村 旅行ブログへ
ポチっとお願いね♪

  
  
[PR]
by kana_wish | 2013-03-12 00:37 | ・・・12年12月ソウル
冬の沖縄part2::ANAインターコンチネンタル万座 sanpo
b0153136_18343013.jpg

お天気が悪くて、なんとなくテンションの下がった沖縄旅行の
始まりでしたが、ホテルに着いて、気分は一気にUP♪
b0153136_18362946.jpg

ン十年ぶりに訪れる沖縄で、魅力的なホテルがたくさんあって
迷いに迷って決めたのがANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートです。
お部屋に入って、夜だけど、ばーーんと窓の向こうに広がる海を見て大興奮。
バルコニーに出るとお庭のプールが素敵にライトアップ♪
b0153136_18345222.jpg

室内もブルーで統一されたとてもかわいいインテリア。
b0153136_1835536.jpg

洗面はバスルームではなく、別にあって、これまたかわいい♪
b0153136_1835914.jpg

お部屋に入る前には、このチェックインカウンターの雰囲気も素敵で。
b0153136_1835213.jpg

宿泊一日目はクリスマスだったので、こんなかわいいスノーマンや
サンタクロースさんもいて、一緒に写真を撮ったりできました(年甲斐もなく・・・)
b0153136_18352590.jpg

そして、何よりもクリスマス気分を盛り上げてくれたのは
少年少女合唱団のクリスマスソング。
吹き抜けを響き渡る美しい歌声は、少年少女と侮ってはいけません。
リベラの曲をソロで歌っていた女の子の声なんて感動して涙が出そうでした。
b0153136_18353726.jpg

夜だったけれど、ビーチを歩いてみたり。
ホテルは周りが海に囲まれていてどの部屋からも見えるみたいです。
このホテルの建ち方(ビーチに対して真正面ではなく、横から見る感じ)が
大好きなプサンにある海雲台ビーチのウェスティンにホテルと同じで
本当に本当に気に入ってしまいました。
b0153136_18354056.jpg

ホテルにいた時間の中に晴れたのはほんの一瞬。
もっと真っ青の素晴らしい海が広がっていたら感動はさらに大きかったかな。
b0153136_1835518.jpg

前日、残波岬の近くで買っておいた紅イモのケーキを朝からいただいて
二日目の観光へ出発です!!!
[PR]
by kana_wish | 2013-01-22 18:51 | ・・・12年12月沖縄
ナツタビ北海道2/美瑛の夕景 sanpo
新栄の丘、有名な夕焼けスポットへ行きました。
東側には、十勝岳連峰をバックにあの「赤い屋根の家」が見える場所、
年末に訪れた時にも同じ場所から撮影しています。
b0153136_18522519.jpg

少しずつ空がピンク色に染まって来ました。
丘がいっぱいある美瑛ではただ車で走っているだけで、色々なパノラマ風景に出会えるんです。
b0153136_18523361.jpg

新栄の丘展望台から西方面は
期待できないと思っていた夕焼けですが、少しずつ綺麗な空に。
1本立ちの白樺を美しく浮き上がらせていました。
b0153136_18524059.jpg

夕焼けの前に一度お宿にチェックインして夕景の撮影ポイントを教えてもらったのですが
「全景を見るなら新栄の丘」「写真撮影の王道ならこちら」とおススメされたのがこちらの場所、
「クリスマスツリーの木」です。年末の雪の写真のページにも同じ木を撮っていますね。
先ほどの新栄の丘から2-3分、丘を降りた所にあります。
b0153136_1852487.jpg

一度はここで夕焼けの写真を撮ってみると良いですよと教えていただいて行ってみたら
本格的なカメラを抱えた多くの人たちが・・・・
b0153136_18525674.jpg

空がどんどん変化して行く度に、カシャっ、カシャっとシャッターの音が響きます。
韓国の方や中国の方も数名おられて、本当に有名な場所なんだなと感心しつつ私も・・・
こういう素晴らしい景色に出会う度に、もっとカメラの勉強をしたいと思うんだけど
帰って来てしまうともう忘れちゃうのよね~。夕景とか夜の景色とか上手に撮りたい。
赤く焼けた後、青の世界へと戻り、夜へ移っていく瞬間がたまらなく好きです。
b0153136_1853337.jpg


北海道1泊目は、美瑛から程近い上富良野のペンション。
「カメラ好きの方を応援します」と言うアットホームなご夫婦がされています。
オーナーさんも写真を撮られるようで、ダイニングの大型テレビにはそれらの写真が
スライドショーになっていて、富良野や美瑛の景色を眺めながら
手作りの美味しいお食事を頂く事ができます。
b0153136_18531020.jpg

翌朝は天気が良かったので、テラスで朝食を頂きました。
他の宿泊者の方も気さくに声を掛けてくださるなどとても良い雰囲気のお宿で、
夕食の後、このテラスに出てみんなで夜空を見上げました。
ipadを空にかざすと、その時見えている星の星座などが表示されるという素晴らしいアプリがあって
それに照らし合わせながら、空から溢れ落ちそうになる星を楽しみました。
なんと天の川もすっきりと見えるんですよね~♪
b0153136_18531740.jpg

[PR]
by kana_wish | 2011-08-21 19:21 | ・・・11年8月北海道
初夏のソウル8/山の上のCAFE「サンモトゥンイ」コーヒープリンス sanpo
とっても素敵な場所へ行って来たので、写真がとても多いです。

今回の旅行で1番の楽しみにしていた山の上のカフェへ行きました!
ソウルの北部にそびえる山の中にあります~

この門構えに建物、見憶えのある方もおられるのではないでしょうか?
b0153136_23574355.jpg

ドラマ「コーヒープリンス1号店」で使われたお家です。
ドラマの中ではイ・ ソンギュンさん演じるチェ・ハンソンのお家として何度も出ていましたが
現在はカフェとして営業されていて、色々な部分がドラマの時のままに残されています。
b0153136_23575997.jpg

ここは座卓のようなテーブルが置かれて食事シーンに出てきた部屋?
b0153136_2358133.jpg

ちょっと階段を上がると、こんなスペースが。
窓が全開でオープンで気持ち良いよー
ここからは、森の様に色々な木の向こうに北岳山を見える眺めの良いお席でした。
b0153136_23582638.jpg

さらに上に上がるとドラマでよく出てきたお部屋。
音楽を作っていた部屋ですよね?
b0153136_23583743.jpg

順番が前後しますが、1階フロアの外に出ると、こんな気持ちの良いお庭の席が。
b0153136_23585115.jpg

ずんずん階段を上がって2階フロアの上にあるテラス席。
眼下にはソウルの街並みが広がっていて、とってもとてもとってーも素晴らしいんです。
b0153136_2359216.jpg

ここにするー?なんて思いながら上を見ると、さらに上にもお席が!
この日は11時のオープン後すぐに到着したのでまだ私達が2組目のゲストで
お席も選びたい放題。私的に、ベストポジションだと思います。ここが。
b0153136_23592550.jpg

オーダー聞きに来てくれないなーと思って待つこと10分。
先に来られていた韓国人ゲストのご夫婦にお聞きすると、1階でオーダーするセルフ方式だと。
あらら、いつまで待っても来ないはずね。
ここでも前日に続き、グリーティラテをオーダーした私。こちらのも美味しかったです。
b0153136_23593536.jpg

暑い暑い日で、外にいるとじりじりと焼けそうでしたが、この眺望を諦めきれず
じっと外の席で耐えました。
冷たいドリンクを頂きながら、存分に景色を楽しみます。
こちらは北岳山のソウル城郭。ソウル市内はぐるりと一周、今も残る城郭で囲まれています。
万里の長城のような城郭沿いに山登りが出来るそうで、たくさんの人が行き交う様子が見えました。
b0153136_002331.jpg

この辺りは韓国ドラマのロケ地がたくさんあって、隣にいた方が
「あれがキム・サムスンの家」だと教えてくださって、自由に使える双眼鏡で覗いてみたり。
b0153136_23594861.jpg

こちらのオーナーさんは美術館のオーナーさんでもあるらしく
このカフェにもいろんなオブジェが飾ってありました。
b0153136_23595994.jpg

そして館内には、ロケの際の写真や説明書き、サインなど
ファンの方なら1日いても飽きないかもしれないようなサービスがいっぱい。
こちらも自由に見られるロケ中の写真が集められたアルバムです。
b0153136_001027.jpg

全員が頂けるサービスの写真。出演者勢ぞろい。
私は特に興味がないので、誰か好きな人がいたらプレゼントしようと思っていたけれど
特に誰もいなくて、あら、残念(笑)
b0153136_004931.jpg


どのフロアのどのエリアからも、外の眺望を楽しめるように工夫されたお席作り。
外に向かって設えられたお席がたくさんあって、
ロケーションの良い場所が大好きな私には本当に嬉しいカフェでした。
景色の良いレストランやカフェが大好きなオットも連れて行ってあげたいなぁー。

そして、近頃、山登り(というかトレッキング)に凝り始めた私の目標は
先ほどの北岳山の城郭巡りをすることです♪
妹は富士登山も成功させたので、軽く行く気満々ですが、私にはトレーニングが必要かなぁー

山の上のとても気持ちの良いカフェ。
日本人のお客さんもたくさんおられました。
バス+徒歩での訪問の方も多いようでしたが、あり得ない位に急な上り坂なので
行きはタクシーが良いと思います♪景福宮から15分弱で1000円掛からなかったんじゃないかなぁー。
住所だけはメモしておいて、運転手さんに見せてください。
ナビで設定して連れて行ってくれますよ。
b0153136_004063.jpg


せっかくなので帰りは散策しながら歩いてみました。
最近オシャレなお店が増えて注目の付岩洞というだけあって
とても楽しいエリアでしたよ。
最後はまたまたキムサムスンのロケ地と言う東屋まで出た所で
ちょうどバスが来たので、それに乗って帰りました。

ドラマは一通りさらっと見ましたが、特に好きなわけでもなく
ただ、いつも景色が良いなぁ。これはどこなんだろ?と思っていた場所が
カフェになっていると知って行って来ました。
妹は全くドラマも見ていませんが十分楽しめたようで
二人とも、かなりお気に入りのカフェとなりました。
ソウルへ行く度に行ってしまいそうです。次は夜景が見える時間に行きたいです。

長い長いお話、お付き合いありがとうございました。
(旅行記はまだまだ続きます・・・・♪)

■ 산모퉁이(サンモトゥンイ) 

서울시 종로구 부암동 97-5(ソウル市チョンノ区プアムドン97-5)
TEL:02-391-4737

バスの場合は「付岩洞事務所」で降りて徒歩。
[PR]
by kana_wish | 2011-07-27 23:55 | ・・・11年06月ソウル
北アルプスその7/上高地で一番のお気に入り sanpo
上高地のトレッキングコースはまだまだ続きますが
どんどん登山らしい場所へと繋がっていくので、私たちは明神地区で折り返し河童橋へ戻ります。

行きとは川を挟んだ反対側を通りましたが、それぞれ全然雰囲気が違うんです。
河童橋に向かって梓川の右側、ここが上高地の中で一番好きな場所の一つで、
森に同化出来るというか、溶け込めるというか、とても気持ちの良いコース。
b0153136_11173632.jpg

その中でも特に気に入っているのがここ。
大正池ではすっかり減ってしまった「立ち枯れの木」が残っています。
b0153136_11175062.jpg

この場所にいた時が最も晴れた時で、青い空が広がり、一層、良い雰囲気に♪
このあたりでお弁当を広げている方もおられて、とても美味しそうでした~
b0153136_11181041.jpg
森の中には、こんな大きく枝を広げた木もあって
景色だけではなくて、見どころいっぱい。
b0153136_1122029.jpg
1時間ちょっと歩いて、再び河童橋まで戻って来ると
さっきは雲が覆っていた穂高の山々がすっきりと見えていました。
雪が残っている山が連なっているちょうど真ん中辺り、山頂にちょっぴり残念な雲をかぶせているのが
標高3190メートル、富士山・北岳に続く日本で三番目に高い「奥穂高」です!
b0153136_11221421.jpg

もう少し待てば晴れるかなぁ~と思っていたら、逆に雲が降りて来てしまいました。
ここで上高地の旅は終了。早朝、大正池をスタートして7時間半でした。
b0153136_1122308.jpg


なんだか同じような写真ばかり(いつもだけどね・・・)でしたが
大好きな上高地なので、色々紹介したくて・・・

訪れた事の無い方に少しでも上高地の魅力が伝わればいいなぁ。
そして行ってみたい!と思って下さる方がおられたら嬉しいです。

帰りは高山を通ったので、車を預けて、少しぶらっと立ち寄ってから帰宅しました。
b0153136_11224445.jpg


上高地へ行く時は、沢渡パーキングからバスに乗るので中央道回りで松本インターから行っていました。
今回、東海北陸道経由で、平湯から安坊トンネルを抜ければ松本経由で行くよりもずっと早い事が判明。
早朝のバスに拘らなければ、平湯からバスに乗れるので滋賀から3時間半位。
日帰りでも行けるかなぁ~。また行きたいです!



おわり。
[PR]
by kana_wish | 2011-07-10 11:58 | ・・・11年6月新穂高・上高地
北アルプスその1/新穂高ロープウェイ sanpo
梅雨の合間、1泊2日で北アルプスの山々を見に行って来ました!

滋賀から名神・東海北陸道を通り、高山を経由して平湯温泉。
遠くには雪山が見えて来ました。
b0153136_21502972.jpg
さらにそこから30分弱で新穂高ロープウェイ乗り場に到着します。
2つのロープウェイに乗って山の上を目指します。
b0153136_21504925.jpg
2つ合わせて高低差は1000メートルを超えますが10分ちょっとで到着。
アッという間に標高2156メートルの展望台へ!
b0153136_2151798.jpg
少し雲が厚い空でしたが、それでも青い空をバックに残雪の北アルプスが広がる景色は
ただもう圧巻で、口から洩れるのはため息だけ・・・・
b0153136_21511835.jpg
3000メートルを超える山々が目の前に連なっていて
映画「岳」を見たばかりの私は、またまた山に憧れる気持ちがMAXに・・・!
登山がしたーい!と言うと、すかさず「無理無理」と隣から声が。
そうなんですけどね、無理なんですけどね、でも、こんなに風に
山を登る人の気持ちの何万分の1かもしれないけれど、その気持ちを分けてもらえる場所へと
連れて行ってくれるロープウエイに感謝したり。
b0153136_21512992.jpg
こちらの方向には槍ヶ岳や中岳など、そしてもっと右方向へ目をやると
焼岳や乗鞍岳が見えていて、まさしく360度パノラマが開けています。
b0153136_21513960.jpg

本当に、素晴らしいとしか言えない天空の世界。
山はやっぱり午後になると雲が出てくるそうで、この日も午前中はもっと快晴だったそうです。
(私たちが行ったのは14時位でした)
もしこれから行かれる方がおられたら是非朝を目指して行ってくださいね~
[PR]
by kana_wish | 2011-06-12 22:13 | ・・・11年6月新穂高・上高地
雪の北海道part11「美瑛の丘2-クリスマスツリーの木」 sanpo
美瑛の丘の続き・・・

景色を眺めながらグルグルと走っていると、
「赤い屋根の家」が上から見える場所に出ました。夏に見たのとは反対側からの景色。
b0153136_931364.jpg
暗くなってきていたけれど、バックに連なる十勝岳連峰がとても綺麗に見えていました。
b0153136_931453.jpg
再び、車を走らせていると「ツリーハウス」を発見!
何のために作られたものなんでしょう?階段も全部木で出来ていて
ワクワクしてしまいます。
b0153136_9315565.jpg
富良野の「春よ、来い」の木と同じく丘の上にポツンと
一本の木が佇んでいる「クリスマスツリーの木」と名づけられた木。
可愛い。私、こういう1本だけ木が立っているとか、同じような木が2本とか3本並んでいるのが
とても好きな様で、帰って来て写真を見たら、そんなのがたくさんありました^^
b0153136_932248.jpg
美瑛ではたくさん見かけた「真っ白な雪と空」しかない風景。
「無」と言う感じで、見ていると心が穏やかになる空間でした。
b0153136_9321292.jpg


青い世界に心満たされながらこの日のお宿であるペンションへと急ぎました。
[PR]
by kana_wish | 2011-01-27 09:54 | ・・・10年12月北海道
雪の北海道part10「美瑛の丘」 sanpo
富良野を離れて大好きな美瑛を訪れました。
どこまでも真っ直ぐに伸びる道は、北海道ならではですね。
b0153136_0214773.jpg
美瑛は丘の街。
木が何本も並んで立っている真っ白な丘はとっても可愛いのです。
b0153136_0215689.jpg
いろんな表情を見せてくれる木立。
b0153136_022812.jpg
b0153136_0222336.jpg
有名なマイルドセブンの丘。(夏の様子はこちら☆
夏にここに来た時に、絶対冬に来てみたいと思っていました。
木が雪化粧しているともっと嬉しかったな~
このもう少し上の方がとても眺望が良かったので行きたかったのですが
除雪されていなかったので、無理でした。残念。
b0153136_0223027.jpg
夕方になって日は沈み始めていますが、雪景色の空は青く美しく。
b0153136_02239100.jpg
こちらも夏に訪れた「赤い屋根の家」(夏はこんな感じ
雪が少なくて、夏のとうもろこし畑の時よりも見晴らしが良かったのが不思議な感じ。
b0153136_022488.jpg

少しずつ暗くなってきました。
でも・・・もう少しドライブを続けましょう。
[PR]
by kana_wish | 2011-01-25 23:47 | ・・・10年12月北海道
雪の北海道part9「富良野風景」 sanpo
旅をする時に、細かい予定を決めて行動するよりも
だいたいの日程だけを決めて、思いつきであちらこちらに移動する方が好きです。

今回の北海道も4泊のうちの3泊分のホテルは出発前に予約して行きましたが
1泊分の宿泊地と現地での予定は全然決めていませんでした。

レンタカーを借りたこの日も、朝一番に六花亭に行った後は
何となく思いついたままに車を走らせて富良野の風景を楽しみました。

小さな街のように思える富良野ですが、実はとっても広くて、新富良野プリンスの辺りから
30-40分ほど走るとやっと北の国からのロケ地で有名な麓郷の森方面へ繋がります。
ちょうど新富良野プリンスホテルの方向を眺める展望台からの眺望。
b0153136_22562723.jpg
雪に覆われた富良野はどこを見ても真っ白で、
でもそこにある木々の形が少しずつ違うと見える景色も全然違います。
移ろいやすい天気のせいもあって、空の表情もどんどん変化を遂げます。
b0153136_22563848.jpg
レンタカーを借りる前は、道民でない私達が
こんな豪雪地帯を車で走れるのかしらと心配でしたが人が暮らしている部分は
全てしっかりと除雪が行き届いていて、車はスイスイと走れるようになっています。
b0153136_22565021.jpg
麓郷の森へやってきました。
私達以外には誰もいない森の中。
比較的気温が高かった(それでも氷点下だけど)この日は、鳥の声を聴きながら
オットと二人で雪道をのんびりと歩きました。
b0153136_22565878.jpg
前も通ったはずの道だけど、その時は特に強い印象はなかったのに
今回とっても気に入って、何枚も写真に収めた一本の木。
真っ白の中にぽつんと立つ木がとても良かったの。後で地図を見ると、
たぶん「春よ、来いの木」と言う名前の木のようです。NHKの同名ドラマで使われたとか。
b0153136_2257469.jpg
雲が流れ、太陽が見えたり隠れたりする空は
時々とても幻想的な色に一帯を染めてくれるのでした。
b0153136_22571063.jpg

[PR]
by kana_wish | 2011-01-22 23:14 | ・・・10年12月北海道