人気ブログランキング |
韓国語を学ぶ
b0153136_02368.jpg
毎日お昼寝日和のタンちゃん


昨日も今日もとても暑い週末でした!
外に出るとまるで夏のようなジリジリとした日光が差し込み
怖くてすぐにお家に避難してしまいます。

日本でもインフルエンザの感染が見つかり、世界でもまだまだ増加しているのですね。
先日インフルエンザの関係で月末の韓国旅行をキャンセルしたと書きましたが
実はキャンセルしたのは飛行機だけなのです。
ホテルは直前までキャンセルチャージが発生しないので、
今月下旬頃の様子を見て、飛行機が取れるなら行けばいいわ。
なんて考えていたのだけど、やっぱり無理かなぁ。
一緒に行くはずだった妹は多分もう有給を取り消しただろうし、行くなら一人だけど。
中止じゃなくて延期だから!次に行くまでにもっと韓国語の勉強に励みましょう!
っと自分に言い聞かせて気持をなだめつつ、でもやっぱり悔しいなぁー。


ところで、私が韓国語の勉強を始めたのは2002年。



それまで(2000年、2001年)に三度韓国へツアーで旅行したことがありました。
韓国料理がとても美味しいし、古い物と新しい物が入り混じっている街の雰囲気にすごく魅力を感じて、
韓国が大好きになりました。

そして韓国の映画やドラマを見るようになったのですが、当時はまだ冬ソナブームの前だったので
日本で見られる映画やドラマはとっても少なかったです。

元々、「言語」と言う物に強い関心があります。大学の時の専攻は英語。
ボランティアやサークルで手話や点字などを勉強したこともあったし、
日本語でも方言などにもすごく興味があります。
なので、大好きな国となった韓国の言語が全くわからないこと、
そしてハングルがただの記号にしか見えないことが自分の中で苛立ちに変わり
「そうだ!韓国語を勉強しよう!」と思った訳です。
ツアーじゃなくて個人で行って、ソウル以外の色々な所へ行ってみたい。と思ったのでした。

あれから6年以上経つ訳ですが、日本にいてもなかなか会話力は上がりません。
聞き取りや読み取りは日々の中で成長を感じられるんだけど、
話す方はなかなか練習相手がいません。
それで時々(大体半年ごとにその周期が来る)韓国へ行って韓国を話したい~~~!
という衝動に駆られます。
ううん。話したい~って言うのは正しくないな、話さなきゃならない状況に自分を置きたい。かな。
ウォンが上がって来たとは言ってもまだまだウォン安のせいか、
テレビでやたらと目にする韓国特集を見る度に
本当寂しくなるし、なんで~~~!?と叫びたい気持(笑)

普段は話す機会がないので、頭の中で考え事をする時に韓国語で考える努力をしています。
そうすると、わからない単語が出て来て、それを調べて覚える・・・でも簡単な文章だけ。
頑張ると夢の中で韓国語をぺらぺら~話している自分が出てくることがあります。
目覚めた時、その文章を覚えていて、
それが正しい文章である事もあるけれど、全く訳のわからないことも。
以前あるタレントさんが、英語を話す夢を見て目覚めたら英語が出来るようになっていた。と
話しているのを見たんだけど、さすがに私はそんな嬉しいことにはなりませんでした。


何はともあれ、ここでこうやって韓国語学習の歴史を改めて今日のお題にしたのは
どうもサボリがちな自分にカツを入れるため。
年数ばっかり経って全く伸びてないじゃないの~と
言われることのないように気を引き締めてがんばろうと思うのでした。





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
by kana_wish | 2009-05-10 23:58 | ・・・韓国あれこれ
<< 国の政策に思う ロールケーキのオリンピア >>