城崎温泉の旅3-招月庭のお食事
城崎のお宿、西村屋ホテル招月庭でのお夕飯です。

こういう、どんどんお料理が出される懐石は、最初に頑張りすぎると
途中でおなかが一杯で食べられなくなることがとっても多いのですが
最初にお献立があったので、お腹と相談しながらいただくことができました。
b0153136_23583356.jpg

最初に、香住の梨ワイン薬膳酒が出て来ましたが、こちらがとても口当たりが良く
薬膳ぽさもなく、飲みやすい食前酒でした。

女性には嬉しい小さな色々な物が少しずつ。
秋らしさたっぷりで目にも嬉しい前菜。
b0153136_23584079.jpg

かに解禁前でしたので、紅ずわいかに。私は普通のずわいカニよりも、紅が好きです。
b0153136_235849100.jpg

そして、どれも美味しかったお料理の中で一番、美味しかったなぁと思ったのが
「松茸と百合根の擂り流し」だったのです。土瓶で出していただき、お膳の上で
火を入れていただくのですが、ふたを開けた瞬間、湯気で曇ったらしく写真が失敗。残念。
お造りの中では、紅ずわいももちろんの事、白海老と、赤烏賊が美味しかったです。
海がない滋賀では、なかなかお目にかかれません。
b0153136_23585751.jpg

中は何かしら。とわくわくするような葉っぱに包まれて出てきたのは・・・
b0153136_2359638.jpg

和菓子のようなかわいいお料理。鮑の博多焼きと、鰈の萩焼きでした。
b0153136_23591389.jpg

箸休は、サーモンのマリネ。中にはアスパラと舞茸が。
b0153136_23592495.jpg

もうすでにお腹はご馳走様状態ですが、ここで大好きなお肉です。
但馬牛のしゃぶしゃぶ。お出汁が牛蒡のスープで、とっても美味しすぎ。
b0153136_23593190.jpg

そしてそして。もう助けてーと言う位のはち切れそうなお腹の私の前に運ばれてきたのは
但馬産こしひかりの釜飯です。仲居さんがお部屋の隅で火を入れてくださって
炊き上がった所・・・
ちょっと上手く撮れなかったのですが、ピカピカつやつやの白ご飯。
これがですが、またまた美味しかったんです。本当に、美味しいしか言えなくて
申し訳ないのですが、他に言葉が浮かばないです。
もっともっとお腹の余裕を残しておくべきでした。全部頂けずに本当心残りでした。
b0153136_23593894.jpg

そして、やっと最後の果物。ごめんなさい。もう入らない~。
b0153136_23594447.jpg


と、たっぷりのボリューム、見た目にも楽しめて、おいしくて。
写真が全部なんだかいまいちなんですが、満足のお料理でした。
[PR]
by kana_wish | 2011-11-10 23:57 | ・・・11年10月城崎温泉
<< 城崎温泉の旅4-玄武洞と出石そば チンゲンサイの収穫 >>