【DOG】嬉しい検査結果
b0153136_023378.jpg


クッシング症候群の治療を始めて1ヶ月余り。
今日、治療開始後、初めての検査をしました。

現在、服用中のトリロスタンというお薬は
量が多すぎると、アジソン病という重篤な副作用を起こし
危険な状況になります。
また、適正量もそれぞれのワンちゃんによって個体差が大きいので
服用量を少しずつ変えながら、検査を繰り返して、
その子に合った量を探さなければならないそう。

そんな訳で、タンちゃんも最低量で、限りなく安全に近い少量からスタート。

毎日飲むお水の量を量り、
なんだか元気が出た気がするね、
家族が帰ってきた時の喜び方が違うね、
お腹ポッコリ、ちょっと小さくなった?

と、希望的観測とも言える経過観察の日々を送っていました。
そして、今日、初めての検査。

ACTH刺激検査という特別な血液検査です。

正常値は、22以下だそうですが
クッシング症候群が確定した際のタンちゃんの数値は47でした。

そして、今日の結果は「12」。
しっかりとお薬が効いてると言えるそうです。


上手く効果が現れなかったり
逆に効きすぎたりと、
なかなか適正量を見出すのが難しいと書かれているページもあるので
一度目の投与量で、大きな副作用なく、適正と言える量が見つかったのは
すごく幸せなことだなと思います。

少しずつ効果が悪くなっていくので、いずれはまた
量を増やす時が来るそうですが、
今後は3,4ヶ月~半年ごとに検査を続ければ良いそうで
今は少しだけ一安心させてもらっています。


まだクッシング確定までのお話やら
今の病状やら、詳しく書いておきたいことが
追いついてないのですが、今日の嬉しい結果を見て
いつも心配していただける方々にも一言お知らせしたい・・・と思ったら
こんな長い文章になってしまいました。


これからも、気を抜かず、タンちゃんと頑張っていこうとおもいます♪
[PR]
by kana_wish | 2012-05-25 00:44 | ●MY DOG
<< 元気です! 収穫2012/タマネギ >>