人気ブログランキング |
カテゴリ:・・・10年8月東北( 24 )
みちのく車旅9☆緑と青の奥入瀬渓流2 sanpo
奥入瀬渓流の後半。
駐車場まで戻って、今度は車に乗って再び十和田湖方面へ。
見所となっている場所は、数台分ずつですが車が止められているようになっているので
途中何度か車を止めて、少し歩いてみたりを繰り返しました。
b0153136_14271740.jpg
十和田湖へ近づき、どんどん水量が増えた事で
渓流の流れは、より力強く豪壮なものへとなってきました。
b0153136_14272378.jpg
九段の滝。
岩肌を滑るように落ちて来る水が清らかでした。
b0153136_1427271.jpg
九段の滝から10分程歩いた場所にある銚子大滝。
幅15メートルもあって見事なまでの水量です。
昔、ここを魚が遡上できず十和田湖には魚がいなかったとか・・・
「魚止めの滝」とも言われているそうです。
b0153136_14273276.jpg
すぐそばから見るとこんな迫力。
水飛沫のお陰で天然クーラー♪涼しい~
b0153136_14273732.jpg
奥入瀬渓流の中で一番人が多かった場所でしたが
本当に見応えのある立派な滝でした。
b0153136_14274293.jpg


この後、十和田湖畔まで辿りつき、奥入瀬渓流の散策は終了しました。
by kana_wish | 2010-08-28 14:38 | ・・・10年8月東北
みちのく車旅8☆緑と青の奥入瀬渓流
b0153136_9521626.jpg

今回の旅のメインの一つは、ここ奥入瀬(おいらせ)渓流の散策でした。
奥入瀬渓流は、十和田湖から流れ出る奥入瀬川の上流にある渓流です。
朝7時。
私達は、石ヶ戸まで車で行き、そこから十和田湖方面へ歩くコースにしました。
木々の隙間から朝日が差し込んで輝く水面が眩しい。爽快な朝!
b0153136_9522991.jpg
14キロに渡って遊歩道が設けられていて、渓流沿いのたくさんの滝や流れを楽しめます。
b0153136_9523637.jpg
滝や流れにはそれぞれ名前が付けられている物も多く
こちらは「阿修羅の流れ」。豪快な流れで、奥入瀬の代表的なビュースポットだそうです。
b0153136_952432.jpg
どこへ行っても撮ってしまう我が家お決まりの影写真。
b0153136_9524977.jpg
雲井の滝に到着です。落差25メートル。
緑の中に豪快に流れ落ちる滝らしい滝って感じでした。
スタートしてからここまで2.6キロ。目安時間は1時間となっていましたが
キョロキョロとあちこち景色を見て、水を触って、写真を撮ってと歩いて来たら1時間40分。
本当は、ここから更に十和田湖まで、スタート地点から8.9キロを歩くつもりだったのですが
目安で総時間4時間となっていたので、これは時間が掛かりすぎると、ここで諦めて戻ることに。
b0153136_952565.jpg
再び、2.6キロを歩いて戻ることにしたのですが、(バスも通ってます)
逆に歩くとまた違った発見もあって楽しかったです。
先ほどの阿修羅の流れ。帰りには水量が増えて、ますます迫力を増していました。
b0153136_953444.jpg
激しい流れがあったり、静かな水面があったり
様々な顔を見せてくれる奥入瀬渓流。
b0153136_9531038.jpg
夏に訪れるなら光の入り方がどんどん変化する早朝がお勧めです。
b0153136_9531619.jpg


奥入瀬渓流、まだまだ続きます・・・・

ブログランキング・にほんブログ村へ
by kana_wish | 2010-08-28 11:07 | ・・・10年8月東北
みちのく車旅7☆朝の十和田湖
十和田湖畔のホテルに泊まった翌日は、早起きして出発。
まずは、朝の十和田湖を見に行ってみました。
b0153136_974555.jpg
朝6時半。
とても良いお天気で空が真っ青に開けていたので
湖面も青く光っていました。とても気持ちの良い朝です。
今回は時間が無くて乗船しませんでしたが、遊覧船から見る十和田湖もとても良さそう。
b0153136_975162.jpg
一旦別の場所へ行って、お昼頃に戻って来ると空が雲に覆われてしまっていました。
十和田湖一番の見晴らしだと言う展望台へ行ってみたのですが残念。
晴れていたらどんなに綺麗な湖面なんだろうと思わせる青さが残っていました。
b0153136_975560.jpg
湖畔の売店で、きりたんぽの味噌焼きを頂きました。
おばあさんが1本ずつ丁寧に焼き上げておられたお店にて。
b0153136_98143.jpg


前夜、十和田湖へ向かってくる途中で車を止めて空を見上げると
そこには空を埋め尽くす程の星達が輝いていました。
天の川も見えていて、空から星が降って来そうな星空でした。

ブログランキング・にほんブログ村へ
by kana_wish | 2010-08-26 23:59 | ・・・10年8月東北
みちのく車旅6☆秋田できりたんぽ鍋
八幡平でどっぷりと絶景を楽しんだ後は、
本日の宿泊地十和田湖への移動中に通った「鹿角市」で夕食を頂きました。
b0153136_955240.jpg
秋田郷土料理の「きりたんぽ鍋」です。
鹿角市は、きりんたんぽの発祥地なんだそうですが
きりたんぽは本来、新米が採れる秋以降に作られるそうで夏は食べられない所も多いそう。
秋田駅付近でいくつか年中きりたんぽが食べられるお店をピックアップして行っていましたが
せっかくだからと鹿角駅前をウロウロとして「郷土料理」の旗が出ていたお店に入ってみました。
オーダー時に「比内地鶏のきりたんぽを頂きたいのですが」と言ってみると
スタッフさんが大将に聞きに行かれて
「大丈夫です!比内地鶏の入ったきりたんぽありますよ」と・・・
透通ったお出汁に、きのこ等のお野菜たっぷりと比内地鶏、そして、きりたんぽが山盛り。
b0153136_955796.jpg
まずスープを頂くと、何とも言えない深い味が口の中に広がります。
「美味しいーーーー!」ダンナさんもとても感動していました。
メインのきりたんぽも、堅すぎず柔すぎずの出来具合で上手くスープが染みて美味♪
とっても量が多くて、お腹一杯なんだけど、美味しくてスープもほとんど完食しちゃいました。
b0153136_9551379.jpg
他にも色々と食べたいメニューが並んでいた郷土料理のお店ですが
スタッフさんが「お鍋の量がかなり多いので、他に頼むと多分食べきれないと思います」と
最初にアドバイスをしてくださったのですが
どうしても食べたかったコレだけ、一緒にお願いしました。
干しハタハタ焼き。この焼き魚も脂が載って、涙が出る程美味しかったのでした。
b0153136_955184.jpg


他のお店で食べたことないので、ここが全体的なレベルでどれ位美味しいのか分かりませんが
とても満足したお夕飯。こちらのお店は
秋以降は、きりたんぽ鍋セットをお取り寄せできるそうなので、注文しようと思っています。
お昼に頂いた稲庭うどんに、きりたんぽ鍋に、ハタハタ。
美味しすぎる秋田、バンザイ!!

ブログランキング・にほんブログ村へ
by kana_wish | 2010-08-25 23:51 | ・・・10年8月東北
みちのく車旅5☆八幡平で夕日
田沢湖で涼を感じて、次に目指すは「八幡平(はちまんたい)」
100万年前の噴火で出来た火山山地なんだそうです。
なだらかな山が続いているので、とても見晴らしが良くて、爽快なドライブコースでした。
緑の中をずんずん上がって行くと、気温も下がり始めて
窓を開けるととっても気持ちの良い風が吹き込んで来ました。
b0153136_21181454.jpg
ここでは山頂にある、1時間ほどのトレッキングコースを歩いて
エメラルドグリーンに輝くという沼などを見る予定だったんです。
ところが、あまりにも快適なドライブに山頂を見逃し、気が付けば
反対の岩手県側の半分近くも下ってしまっていたのです。なんておバカな私達。
急いで来た道を何十分も掛かって戻りました。山頂から見た岩手側。
b0153136_21182822.jpg
良かった良かったと安心したのもつかの間。なんだか霧なのかガスなのかモヤモヤと出てきました。
あっという間に辺りが暗くなり始めて、1年前の北海道野付半島での出来事を思い出す。
b0153136_2118386.jpg
そう言うと、ここ八幡平もアオモリトドマツが、ほぼ100%と言っても良い程枯れていました。
その姿はまるで、野付半島で見た「トドワラ」。
その枯れ方がなんだかとても異様で、気になって、原因は何なのか帰ってから調べてみたけれど
「強風」と書かれていたり、雪深いためだとか、旧鉱山の硫黄の影響だとか色々な記述がありました。
自然が破壊されている姿はとても物悲しいけれど、だけど、絵になる風景でもありました。
天候の変化が怖くて、結局、山頂トレッキングは諦めました。山は危険が一杯ですから。
b0153136_21183422.jpg
綺麗に見えそうだと思っていた夕焼けもガスのせいで、何だかぼんやり。
b0153136_21184267.jpg
でも沈んでしまうと空が焼けて、様々な色の変化を遂げていました。
帰りはこんな風に夕焼けの方向へ向かってドライブ。夕日の海に飛び込んで行くような気がしました。
b0153136_21184770.jpg
空はいつまでも夕焼け色が続き、空に一番星が出ても、まだまだ境界線が赤くて。
b0153136_21185232.jpg
真っ暗になるまでずっと美しい風景を見せてくれた素敵な八幡平でした。
b0153136_21185711.jpg


ブログランキング・にほんブログ村へ
by kana_wish | 2010-08-23 21:38 | ・・・10年8月東北
みちのく車旅3☆小京都角館と稲庭うどん
二日目朝。
前夜の新潟のお宿を早朝に出発して、秋田県角館を目指しました。
春には、しだれ桜が埋め尽くさんばかりに美しく咲く角館の夏は緑が眩しかった。
この緑が全部、ピンク色に染まるなんて想像しただけで・・・・
b0153136_21332162.jpg
鮮やかな緑と、黒い板壁がとても素敵な雰囲気を醸し出していました。
b0153136_21332735.jpg
レトロな赤ポストも風情ある町にすんなりと溶け込んで。
b0153136_21333294.jpg
角館は、武家屋敷でも有名。
今も何軒かの武家屋敷が公開されています。
b0153136_21333781.jpg
その中で「青柳家」と言う武家屋敷に入ってみました。
b0153136_21334146.jpg
3000坪と言う広い敷地には武具や、蘭画や幕末の写真など珍しい美術品などが
展示されていて、かなり見応えがあります。
b0153136_21334699.jpg
オットは仕事柄なのか、建築物などを見学するのが大好きで
とても時間を掛けて、200年前の母屋などをじっくりと見ていました。
b0153136_21335026.jpg
お庭もとてもお手入れが行き届いていて、真夏なのに
イキイキとした花木が美しかったのですが・・・
b0153136_21335494.jpg
この日の秋田は35度を超える猛暑。
東北は涼しいのだと思い込んでいた私は暑さで、もうへとへとで
公開されている母屋へも上がらずに、庭を愛でるために設けられたお席でぐったりしていました。
b0153136_21335925.jpg
角館をもっとゆっくりと歩いて楽しみたかったのですが早々に切り上げてお昼ご飯を食べることに。
秋田と言えば!稲庭うどん。
稲庭うどんと言えば!「佐藤養助商店
角館にも佐藤養助商店の直営店がありますが、なぜか販売だけで飲食は不可。
そこで、そのお店に行って、近辺で佐藤養助のおうどんが食べられる所を尋ねると
すぐ裏の道にある「ふきや」さんで食べられるとの事で行って来ました。
おうどんの中で、稲庭うどんが一番好きな私は本場で食べるのをとっても楽しみにしていました。
先月、香川県へ行って来て、讃岐うどんを食べて、とても美味しかったのですが
やっぱり、稲庭の勝ちかなぁー。ちなみに、きしめんも好きです。
この日、私はおしょうゆ味のつゆを頂きました。オットは胡麻味噌だれを。
韓国ドラマ「アイリス」の中で主役の二人が秋田のデートシーンの中で食べていたのも
こちらの佐藤養助商店のおうどんでした(横手市漆蔵資料館店)。
b0153136_2134569.jpg
最後に安藤醸造元さんへお邪魔しました。
古いレンガの建物の中は色々な調味料やお漬物をゆっくりと座って試食できるスペースになっていて
じっくりとお土産を選ぶことができる素敵なお店でした。
b0153136_21341088.jpg

by kana_wish | 2010-08-21 21:42 | ・・・10年8月東北
みちのく車旅2☆夕日と海の幸
8月4日、お昼過ぎに出発、名神経由北陸道を走りました。

先を急がず、のんびりと行くのがこの旅の目的もあるので
1時間位のペースで、SAに立ち寄り、休憩をしたり海を眺めたりしていました。
高速で5時間半。ちょうど日が沈む時間帯。
海に面したSAで夕焼けタイム♪
ここの夕日が本当美しかった。
携帯からアップした場所でもありますが
日本海はたくさん「夕日ポイント」がありました。
b0153136_20542089.jpg
しばらくすると、四角い太陽。
空は刻一刻、変化を続けます。
b0153136_20542776.jpg
そして、三角の太陽。
夕日を浴びて輝く氷山のようでした。
b0153136_20543395.jpg


たっぷり30分以上も、夕日を満喫。
それから、1時間半車を走らせ、到着したのは北陸道の終点、新潟市。

この先は、無料化対象の高速道路が繋がっていますが
ここで、高速を下りて、この日の移動は終了とすることに。

さてさて、港のある新潟市でのお夕飯!
どんな海の幸が食べられるのかとワクワク。
全く情報を持っていない初めての土地。とりあえず、新潟駅前を目指しました。

駅前は、結構な繁華街で、懐かしいような赤ちょうちんのお店や
モダンなインテリアの創作料理のお店や、煙モコモコの焼鳥屋さんやホルモン焼きのお店・・・
たくさんのお店が軒を連ねていました。

そして、この駅前のお店のほとんどは店頭にメニューを張り出しているので
初めて訪れた私達が、食べたい物を探すのがとても楽でした。
そんな中で選んだお店はここ。
7月にオープンしたばかりでとても清潔そうだったことと
メニューにあった「本マグロ」に惹かれて・・・・
b0153136_214623.jpg

散々迷って選んだお店は大正解!
落ち着いた雰囲気で、でも店員さんはみんなとても気さくで愛想が良くて、そしてお料理もGOOD!

店員さんに聞いたオススメの一つ、黒崎産枝豆。
これが、とーーっても美味しいお豆さんでした。
b0153136_2141333.jpg
お刺身。
盛り合わせと言うのもメニューにあったのですが、好きな物を食べたかったのでチョイス。
本まぐろ、あじ、めばる。
海の近くって、いいねー。本当お魚が美味しい!
b0153136_214182.jpg
「おつまみ握り8点盛り」
b0153136_2142396.jpg
こちらも店員さんに「地元の物は?」とお聞きしてオススメしてもらった
「栃尾油揚げ納豆入り」
栃尾油揚げってご存知ですか?新潟の特産品なのだそうです。
厚みのある大きなお揚げなんだけど、厚揚げのように中がぎゅっと詰まっているのじゃなくて
薄揚げのようにふわふわとしています。なんだか不思議な食感なの。でも美味♪
b0153136_2142858.jpg
最初に食べた本マグロが本当に美味しかったの。
赤身なのに、口に入れるとトロのように溶ける。
美味しくて美味しくて、再び注文。一緒に南蛮海老。
何?って思って、オーダーしたら出てきたのは「甘エビ」でした。そうなのか~
b0153136_2143486.jpg

この他、オットが、モツ煮やら、焼鳥やら注文してました。
「新潟の物じゃなーい」って文句言ってやりました。
満足満足。ご馳走様でした。

新潟で第一日目が終了です。


ブログランキング・にほんブログ村へ
by kana_wish | 2010-08-16 21:23 | ・・・10年8月東北
みちのく車旅1☆東北を目指せ!
b0153136_1036323.jpg
飛行機に乗って旅行に行きたかった~。北陸道より。


2010年、夏の旅は車で東北へ行って来ました!
春頃から、どこ行く?とオットとの話し合いの中で候補に挙がったのは
台湾・済州島・信州・北海道・石垣島・・・・などなど多方面。
でも、結局、オットのお仕事があまりにも忙しく、飛行機の予約をするのは怖くて(CLがね)
どうしようどうしようと思っている間に、7月。
その頃は、北海道の礼文島が最有力候補だったんだけど・・・・結局は
行ったことない所へと言うことで、東北に。

オットがとっても忙しくて、直前まで行けるかどうかもわからず
実は、お宿も事前予約をせずに、全て当日になって電話(もしくは直接訪れて)で
予約して宿泊。

本当はキャンプをしたくて、出来る準備もして行ったのですが
とにかく、今年の東北は猛暑。とてもとても冷房なしで寝られるような状況でなく
結局全てホテルに泊まりました。

テーマは
「行き当たりバッタリ、のんびり自由旅」

お宿が決まっていないので、せっかくなら日程もあまり詳しく決めず
その時々で寄りたい所に立ち寄って、行きたい所を目指そうということに。

そして、今年の旅はこんな感じになりました。

8月4日
滋賀---北陸道---新潟
8月5日
角館---田沢湖---八幡平---鹿角---十和田湖
8月6日
十和田湖---奥入瀬渓流---八甲田山---青森(ねぶた祭)
8月7日
千畳敷---白神山地---釜谷浜---男鹿半島---秋田
8月8日
鳥海山---新潟
8月9日
北陸道経由---滋賀

総走行距離 2479.7キロ



ブログランキング・にほんブログ村へ
by kana_wish | 2010-08-16 10:40 | ・・・10年8月東北
みちのくの旅
b0153136_1812153.jpg


ただいま!
昨日、旅行から戻って来ました。

リアルタイム更新から、お分かりだったかと思いますが
今年の旅は「東北」へ行って参りました。

天候にも恵まれ、とても良い旅でしたが、
本当に暑くて倒れそうになる数日間でした。

大自然に包まれて、とても充実の旅行でした。
たくさん写真を撮って来たので、また長~い旅記録を始めると思います。
どうぞお付き合いください。

今日の一枚は、
この旅の最大の目的地だった「白神山地」で見てきた
青く輝く神秘的な池です。


ブログランキング・にほんブログ村へ

ライブ中継とか書きながら・・・
by kana_wish | 2010-08-10 12:30 | ・・・10年8月東北
b0153136_20294937.jpg

まさに、お祭り真っ只中。
これで、行き先解りますね。
by kana_wish | 2010-08-06 20:29 | ・・・10年8月東北